テレビ番組

【楽曲動画あり!】LiSA「炎(ほむら)」歌詞意味を解釈!フルで聞く方法は?

LiSA 炎ほむら

2019年のアニメ「鬼滅の刃」オープニング曲「紅蓮華」が大ヒットし、その年の第70回紅白歌合戦にも初出場せれた、シンガーソングライターのLiSAさん。

2020年8月2日、新曲「炎(ほむら)」の音源が収録された劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の本予告編が公開されました。

LiSAさんが歌う「炎(ほむら)」、その歌詞の意味とは?。

また曲はフルで聞くことができるのでしょうか?調べてみました。

LiSA「炎(ほむら)」歌詞意味を解釈

LiSAさんが歌う曲は、TVアニメ「鬼滅の刃」エンディングテーマ「from the edge」も手掛けた、梶浦由記さんとの共作となる壮大なバラードです。

」の読み方は「ほむら」です。

ほむらとは、

1 ほのお。火炎。「燃え盛るー」

2 ねたみ・怒りなどの激しい感情や欲望で燃えたつ心をたとえていう語。「劣情のー」「瞋恚(しんい)のー」

引用:goo辞典

「炎(ほむら)」の歌詞には上記2で記したように、ねたみや怒りなどの激しい感情を表現しているのではないでしょうか。

LiSA 炎

LiSAさんの楽曲に関してのコメントされており

悲しみを抱えながらも心に炎を灯して、物語の皆が、そして同じように悲しみを持った皆様が強く前に進んでいけますように。

と話されいました。

また劇場版「鬼滅の刃」無限列車編では、鬼殺隊を支える最上級隊士で柱の一人、「炎柱」・煉獄杏寿郎が登場します。

LiSA  炎

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編では重要なキャラクターでもあります。

「炎」というイメージが重なり、煉獄杏寿郎というキャラクターをイメージしていると考えられます。

LiSA「炎(ほむら)」の発売日はいつ?フルで聞く方法はある?

LiSA 炎

LiSAさんが歌う「炎(ほむら)」いつ発売になるのか、気になりますよね。

また、曲をフルで聞きたい!問い方も多いのではないでしょうか。

残念ながら現在、正式に「炎(ほむら)」の発売日や配信日は決まっていません。

ドラマ「13」(サーティーン)の主題歌「愛錠」を8月17日にダウンロードフル配信が決定しています。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の公開は10月16日です。映画より先行配信が数多くありますので、そう考えると9月から10月16日までになるのではないでしょうか。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編も注目を浴びている作品です。公開まで宣伝なども多くあると思います。「炎(ほむら)」がフルで聞ける日が待ち遠しいですね。

LiSA「炎(ほむら)」は映画「鬼滅の刃」の主題歌

LiSA  炎

LiSAさんが歌う「炎(ほむら)」は老若男女問わず人気の「鬼滅の刃」。

その劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌に抜擢されました。

「鬼滅の刃」とは2016年2月から2020年5月まで週刊少年ジャンプで連載され、コミックスは累計8000万部を突破する人気作品です。

2019年4月から9月にTVアニメ(全26話)が放送されるほどの人気です。

舞台は大正時代。人喰い鬼のに家族を殺された主人公の少年・炭治郎が鬼になってしまった妹・禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊しさまざまな敵と死闘を繰り広げる物語。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編では、アニメ最終回にて主人公と仲間たちが劇場版の舞台となる”無限列車”に乗り込むシーンで終了し、劇場版へとつないでいます。

映画公開は2020年10月16日です。

主題歌を担当されたLiSAさんと梶浦由記さんの楽曲への思いにも注目です。

LiSAさんの「炎(ほむら)」の歌声はもちろん映画のストーリーとリンクする歌詞にもなっていますので、あわせて楽しみですね。

鬼滅の刃を一気読み!

ABOUT ME
なつみかん
気になるニュースの裏側を詳しく解説します!