イケメン

桃田賢斗の事故は故意でわざとだった!?陰謀説も!本当の原因や真相を調査!

桃田賢斗 事故 故意

桃田賢斗選手のマレーシアで起きた事故について、「わざと」「陰謀」「故意」などとも噂が上がっているようなので調べてみました。

事故で運転手が亡くなっていたり、同乗者である桃田賢斗さんも重傷のケガを負っていますし、事故が故意でわざとだったとしたらとんでもないことですよね・・!

陰謀が隠されていたとしても、それはそれで一大事です。

事故の原因や真相も含めてまとめましたのでご覧ください。

桃田賢斗の事故は故意でわざとだったって本当?

桃田賢斗 事故 

桃田賢斗さんは、東京オリンピック目前に控えた試合で優勝しました。

その後すぐの事故ということもあり様々なことが言われています。

その中で、今回の事故は故意でわざとだった!?なんてこともネット上では噂されています。

 

正々堂々と戦うのがスポーツマンシップなので、「わざと」や「故意」「陰謀」なんてのは耳を疑ってしまいますよね。

 

桃田賢斗の事故が陰謀ではないかと言われる理由

桃田賢斗 事故

 

桃田賢斗さんの事故が何者かによる陰謀では?とも言われている理由を調べてみました。

賞金目当ての陰謀が疑われます。

というのも、ほとんどの国が何かしらの形で賞金を出しており、その金額は国により違います。

2016年リオオリンピックの時の金メダル賞金額を、金額が大きい順に並べてみました。

国名 金額
シンガポール 約8400万円
マレーシア 金の延べ棒(6500万相当)
アゼルバイジャン 約5600万円
カザフスタン 約2700万円
タイ 約3400万円を20年に渡って支給

対して、日本は500万円/金メダルです。

賞金金額が大きければ大きいほど、優勝に懸ける想いが相当大きいと思えます。

国際的な違いから、賞金目当てで、優勝に近い桃田賢斗さんを排除したいという邪悪な考えにより、事故を故意的に起こしたのでは?という陰謀説が浮上した事が予想されます。

桃田賢斗の事故の本当の原因や真相は?

桃田賢斗選手の事故の原因や真相について書いていきます。

桃田賢斗選手の事故は、マレーシアで2020年1月13日の午前4時40分に発生しました。

マレーシアにて、クアラルンプール国際空港に向けて走っていた桃田賢斗選手たちの乗ったワゴン車が、高速道路でタンクローリーに正面衝突しました。

事故の原因は、協会の危機管理不足が疑われます。

ワゴン車の前側が衝撃でグシャグシャですね・・。

この事故でワゴン車を運転していた運転手は亡くなっています。

東京五輪金メダル最有力候補ほどの桃田賢斗選手であれば、安全面は完璧に配慮されるべきです。

それなのに、運転を現地の運転手に任せた(24歳の若いドライバー)リムジンタクシーのような比較的安全とされる車を用意せず安価なワゴン車(中国自動車メーカーによるハイエースのパクリ車)で移動した早朝5時頃に空港に向かうスケジュールが組まれた

シートベルトの作動不良の可能性なども考えられます。

事故の原因として、協会側の危機管理不足が疑われてもおかしくないですよね。

とはいっても、桃田賢斗さんの事故が起きてから数ヶ月経っても、ハッキリとした原因が報告として挙がってきていないようです。

運転手も亡くなっているので、真相は闇の中・・・なんて風にならないと良いですが。

 

桃田賢斗の事故は故意でわざと?まとめ

桃田賢斗さんの事故が故意でわざとだった!?について調べました。

 

桃田さんは、東京オリンピックでも優勝を期待されていた選手ですので、事故が故意でわざとだったしたら、本当に最悪ない事態ですよね。

何者かによる陰謀も可能性としてありそうですよね。

いずれにしても同じような事故が起こらないように危機管理は徹底してほしいです。