美しい&可愛い

黒島結菜の演技が下手すぎる!?過去の出演作品の評判まとめ

黒島結菜 演技下手

演技力さながら、その透明感のある魅力に「可愛い!」と性別問わずファンを持つ黒島結菜さん。

黒島結菜さんは、CMやドラマなど出演作も多く、大注目の女優さんです。

そんな黒島結菜さんの演技が下手だという声がツイッター上で上がり、物議を醸しています。

黒島結菜さんの演技は上手いのか?下手なのか?ツイッターの声を集めてまとめました。

黒島結菜の演技が下手すぎる!?過去の出演作品の評判は?

黒島結菜さんは2012年から芸能活動を始め、その年11月NTT docomoの通信サービス『LTE Xi』のCM出演が話題となり、人気が出た女優さんです。

話題になったCMはこちらです。
『LTE Xi〜想いをつなぐ篇〜』

実はこのCM、黒島結菜さんは一言も言葉を発していません。

スマホ内のやりとりこそ書かれているものの、言葉ではなく表情や仕草を通して伝えたい想いを演技で表現したことで一躍注目を浴びたのです。

たった数十秒のCMで多くの視聴者を感動させ、ときめかせた黒島結菜さん。

ここから多くのドラマや映画、CMへの出演が決定します。

ドラマ「ごめんね青春!」

黒島結菜さんは2014年に放送されたTBSドラマ『ごめんね青春!』では中井貴子役を演じました。

「ごめんね青春」では、泣く演技を披露した黒島結菜さん。

泣きの演技は女優としては避けては通れませんが、今回は難しかったのかもしれませんね。

ドラマ「時をかける少女」

黒島結菜さんは、2016年に放送された日本テレビ系ドラマ『時をかける少女』は主演作であり、芳山未羽役を演じました。

黒島結菜さん自身がもともと爽やかなイメージが強いので、今回のような青春要素の強いドラマは役にぴったりはまった印象でした。

ドラマ「アシガール」

黒島結菜さんは、2017年に放送されたNHKの時代劇『アシガール』では、主演で速川唯/唯之助役を演じました。

アシガールで黒島結菜さんは時代劇でのラブコメ演技にも挑戦。

唯之助役を原作通りしっかりと表現できていたと思います。

映画「十二人の死にたい子どもたち」

2019年1月に公開された映画『十二人の死にたい子どもたち

黒島結菜さんは6番であるメイコ役を演じました。

https://twitter.com/TamakiArine/status/1101489902292619264

豪華すぎる若手俳優揃い踏みの出演者勢の中、引けを取らない演技を見せた黒島結菜さん。

黒島結菜さん演じるメイコ役は、黒島結菜さん自身の可愛さを前に出す演技ではなく、『演技力で勝負をしている』というのが伝わってくる役どころでした。

ドラマ「FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました」

「FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました」は、2019年9月24日に放送されたテレビドラマ。

黒島結菜さんは新人パイロット訓練生を演じました。

ドラマ自体の視聴率は伸び悩んだものの、黒島結菜さんのその演技は高く評価されている印象です。

ドラマ「死役所」

2019年10月より放送されたテレビ東京ドラマ『死役所』では、黒島結菜さんは三樹ミチル役を演じました。

このときの黒島結菜さんの演技には酷評が相次ぎました。

https://twitter.com/U4Tte/status/1190274307626131457

映画「カツベン!」

2019年12月に公開された映画『カツベン!』では、黒島結菜さんはヒロイン役の栗原梅子役を演じました。

朝ドラ「スカーレット」

NHK連続テレビ小説『スカーレット』には、黒島結菜さんは松永三津役で2020年1月から出演しました。

三津のヒッピーファッションと濃いキャラクターから、毎日放送ごとにツイッター上でも多くの意見が飛び交いました。

一方で、批判的な意見もありました。

話題のNHK連続ドラマへの出演、それも嫌われ役での出演でしたが、黒島結菜さんの三津役は過去の出演作とは違うしっかりと幅のある演技を見せていた印象です。

黒島結菜の演技が下手すぎる!?まとめ

黒島結菜さんの演技に対するツイートをまとめました。

黒島結菜さんが演じた役のミスマッチや役自体の個性のせいで「嫌い」などと言われることはあれど、演技を批評する意見は少なかった印象です。

批評より圧倒的に多かった「黒島結菜の演技がよかった!」の声。

2020年はNHK朝ドラへの再度の出演も果たし実力派の若手女優として、これからさらに活躍が期待されますね!

ABOUT ME
なつみかん
気になるニュースの裏側を詳しく解説します!